パソコンが故障した場合の対応と備えについて

パソコン修理・データ復旧のリペアマスター > パソコン修理・データ復旧のコラム > パソコンが故障した場合の対応と備えについて

パソコンが故障した場合の対応と備えについて




パソコンが故障したらやること



家庭、会社等様々な場所に普及しているパソコンですが、故障リスクはどのような製品でも存在します。基本的に数多くの精密部品が搭載されており、夏の暑い日には熱の影響で一部のハードウェアの調子が悪くなることは珍しくありません。

このように何もしていない状態でも使用できなくなる可能性もありますが、誤って故障させてしまうケースもあります。例えばノートパソコンはコンパクトで折りたたんで持ち運びができる分、移動する際にどこかにぶつけてしまったり落下させてしまったりするなどのリスクがあります。その他にも災害によって破損する可能性もあります。例えば日本では大きな地震が過去に発生したことがありましたが、地震が発生した地域の住宅が倒壊してしまいパソコンが使用できなくなる可能性もあります。このように故障リスクは少なくないので、普段から使用している人の中にはもし万が一故障をしてしまったらどのようなことをやればいいのか知りたい人も多いです。

やるべきことの一つとして挙げられるのが、保証期間を確認します。通常、家電量販店や通販で新品として購入した製品であれば一定期間の間は保証期間が設けられています。保証書には保証期間が記載されており、その期間内であれば無料で対応してくれるメーカーもあります。

もし保証がない時は修理業者に依頼をすることになります。修理を依頼する時は予算を決めます。通常、修理の価格はそれぞれの業者によっても異なりますが、症状によっても変化します。例えばディスプレイが破損した状態であればハードディスクなどの内部の精密な部品は今まで通り使用できる可能性があります。そのため、ディスプレイ交換だけで対応できるケースもあります。この時はディスプレイの料金と修理手数料を支払えば済む可能性もあります。一方でハードウェアの大部分が故障しているケースでは様々な部品を交換しなければならないので、部品代に負担がかかります。そのため、あらかじめ予算を決めておくことで無理のない範囲で修理ができる可能性があります。



修理してくれる業者を選択しよう



実際にパソコンが故障してしまった人の中で保証期限が切れている人の中には修理業者の選択に迷われている方も少なくないでしょう。選ぶ時はできるだけ予算の範囲内で対応できる業者を選択します。普段使っているパソコンのため製品に対して思い入れがある人も少なくありません。もし故障する時に新しいものを購入する時よりも高い値段になってしまうと修理を諦めなければならない人も多いです。

まず予算内で対応してくれる業者を見つけるためには見積もりを各業者に依頼します。見積もりに対応してくれる業者は数多く、その提示された見積もりの費用を各業者で比較をすることでできるだけ安い修理業者を選択できる可能性があります。

また、価格だけでなく修理の品質も確認します。価格は安いが低い品質で対応してもらう場合、再び故障してしまうリスクが高くなります。また業者を選ぶ時はできるだけ納期が短いところを選択する人も多いです。例えば、普段お仕事でパソコンを使用している人の中には仕事には納期があるのでできるだけ早い復旧を目指したいと考える人も多いです。もしパソコンの修理に多くの時間がかかると仕事にとりかかるのが遅くなります。そのため、不便さを感じる方もいるでしょう。業者を選ぶ時は修理にどのぐらいの時間がかかるのかをあらかじめ聞いた上で依頼するようにしましょう。

信頼できる業者かどうかも選ぶ際のポイントの一つになります。例えば修理の依頼を検討している人の中には実績が豊富にある業者の方が信頼できると考える人もいます。実際に業者の中には修理実績が約10万件を超えるところもあります。経験が豊富であると考えられるので実績が多いところを選ぶ人もいます。



故障に備えて準備をしよう



業者を利用することで壊れたパソコンを使える状態に戻せる人も多くいますが、パソコンはモノになるので再び故障するリスクはあります。そのため、故障に備えた準備をしておきたいと考える人も少なくないです。

準備の一つとして挙げられるのが、定期的にバックアップを行うことです。実際にパソコンの中には大切なデータを扱う人も多いです。もし故障をして復旧が難しい状態に陥った時、データを失う危険性が増します。バックアップをしておくことで、もし万が一ハードウェアの不調などが発生した時でもデータは守れる可能性が高いです。パソコンを使ったお仕事をしている人の中には予備のパソコンを持っている人もいます。予備があることで仕事が立て込んでいる時に故障が発生した時でも予備のパソコンからお仕事を再開することができます。個人でお仕事をしているだけでなく企業の中にも予備を所有している人も多いので、お仕事でパソコンを使用する人は予備を準備しましょう。データのバックアップに関するサービスを受けることも有効な手段です。


パソコン修理のリペアマスター HOME


液晶修理サービスサービスはこちら




▼リペアマスターの修理プラン一覧
https://repair-master.jp/repair-plans/
▼データ復旧サービス
https://repair-master.jp/repair-plans/data-recovery/
▼HDD、SSDの増設・交換
https://repair-master.jp/repair-plans/hd/