パソコンでよくあるトラブルの事例

パソコン修理・データ復旧のリペアマスター > パソコン修理・データ復旧のコラム > パソコンでよくあるトラブルの事例

パソコンでよくあるトラブルの事例

よくあるトラブル・事例1 ハードディスクの故障


データを保存するために必要なハードディスクは、PCパーツの中でもっとも故障しやすい構造をしているため、トラブルとなりやすい傾向にあります。デスクトップパソコンの場合、長期間酷使されてきたハードディスクは、起動に支障をきたすなどの不具合に遭遇しやすくなります。ラップトップ型のノートパソコンでは、持ち運び時の揺れや本体の落下のように、ハードディスクへの衝撃が問題が起こるキッカケになることが少なくありありません。
ハードディスクに関連する問題を避けるためには、「ハードディスクの保証期間を事前にチェックした上で使う」「大切なデータは定期的にバックアップを取っておく」「故障率の低いメーカーのハードディスクを選択する」といったような対策が有効です。
もしも、ハードディスクに関連するトラブルに遭遇したからといっても、ほとんどの場合、パソコンを買い換える必要はありません。ハードディスクがキッカケとなる問題は、ハードディスクの換装によってトラブル回避が期待できます。しかし、ハードディスクは故障してしまったら、データの損失・破損によって、大事なデータや大切な思い出が消えてしまう事態になりかねません。「あのときハードディスクが故障する前に、きちんとデータを保存しておけばよかった」と後悔しないためにも、注意を払っておきましょう。トラブルに遭遇してから困らないよう、あらかじめリスクを抑えておくのが無難です。

よくあるトラブル・事例2 インターネットにつながらない


インターネットにつながらなくなる不具合はパソコンを使う上で身近な事例といえます。ニュースをチェックしたり、動画サイトで視聴したりする際に遭遇すると大きなストレスを感じるかもしれません。インターネットの使用頻度が高い人は、このトラブルは避けておきたいものです。インターネットにつながらない状況は、「使用しているパソコンがウイルス感染している」「つながりにくい環境でインターネットに接続している」「パソコンのパーツに何かしらの異常がある」「接続する方法が間違っている」「家庭内の電波環境に問題がある」などといった点がトラブル原因となっている可能性があります。パソコンのウイルス感染については、対策ソフトを普段から使用していない人は特に疑っておいたほうが良いです。
インターネットを使用する上で契約しているプロバイダーにも注意を払う必要があります。サービスの質が低いプロバイダーのサービスを使用していると、快適な使用が難しくなるおそれがあります。高画質な動画やデータ負荷の大きな用途が多い方は契約プランを見直してみるのが無難です。
パソコン内に不要なデータやアプリを大量にため込んだままにしている場合、処理がもたつき、インターネットの接続のロスが生じる可能性もあります。有線ではなく、Wi-Fi環境で複数の機器を接続している際、回線が干渉しあってインターネットへ繋がりにくくなるリスクが高まります。この他にもトラブルに直結する原因は考えられますが、インターネットにつながらない際、まずは上記の項目をチェックしておくのが賢明です。

よくあるトラブル・事例3 ディスプレイが正常に映らない


ディスプレイがきちんと映らない症状は、よくあるトラブルの事例のひとつです。ディスプレイがいつもどおり映らない場合、考えられるのは「ディスプレイ内部に何かしらの異常がある」「ディスプレイ表面が破損してしまった」「パソコン本体が故障し、きちんとディスプレイに出力できない」「パソコンとディスプレイを接続するケーブルが断線してしまった」など、こういった点が不具合に至るキッカケとなっている可能性が高いです。
ディスプレイに用いられるバックライトの多くは、寿命はおよそ30,000~50,000時間を前提に製造されていますが、長期間の継続使用をしていると、寿命を迎える前であっても、チラつき・色味の異常が生じやすくなります。それ以外にも、ディスプレイは衝撃に強くないため、モノや身体がコツンとぶつかる衝撃によって割れが生じてしまったり、致命的なキズができてしまったりするおそれがあります。長く使うためには、普段の取り扱いには注意が必要です。
映像を処理するパソコン側に何かしらのトラブルがある場合も、ディスプレイ側へ正しく出力されなくなってしまうため、パソコン側のメンテナンスもこまめに行っておくのがおすすめです。
ディスプレイとパソコンの双方に異常がないのにトラブルが発生しているのであれば、2つをつなぐケーブルが断線している点を疑っておくと良いです。そのほか、「ケーブルとパソコン」「ケーブルとディスプレイ」の部分で相性による不具合を起こしているおそれも考えられます。ケーブルに起因するトラブルは、別のケーブルで動作チェックを行うことで問題を把握できます。

データ復旧だけじゃないデータ消去サービス | パソコン修理・データ復旧なら無料見積りの【リペアマスター】