パソコンのデータを誤って削除してしまったときの対処法

パソコン修理・データ復旧のリペアマスター > パソコン修理・データ復旧のコラム > パソコンのデータを誤って削除してしまったときの対処法

パソコンのデータを誤って削除してしまったときの対処法

まずは復元ソフトを利用する


パソコンを利用していると大切なデータを誤って消してしまうことがあります。基本的にパソコンというのはファイルを消したとしても、一度はゴミ箱の方に移されます。そして、ゴミ箱を空にすることによって、そのファイルは完全に削除されることになります。そのため、よほどのことがない限りは大切なデータを削除しても、ゴミ箱に入った段階で気がつくことが多いです。しかし、それでも誤って大事なファイルを削除するというケースは少なくありません。
もしパソコンの大切なファイルを削除してしまったとしても、そのファイルはすぐに消えるわけではありません。実はファイルを削除した場合は、そのファイルに削除マークがつけられるのです。削除マークがつけられたファイルについては、通常はチェックすることができません。そのため、パソコンを操作している人にとっては、そのファイルは削除されたのと同じことです。しかし、厳密にいえばそのファイルがまだ残っている可能性があります。削除マークがつけられたデータは未使用領域と判断されるのです。そのあとでパソコンに新しいファイルを保存する際には、未使用領域が使われることになります。そのため、いつかは削除マークのついたファイルが上書きされることがあります。上書きされるまではそのデータは残っているのです。
もしそのデータを削除してから時間が経過していないのであれば、上書きされていない可能性は高いでしょう。この場合は復元ソフトを用いることによって、消したものを取り戻すことができる可能性があります。復元ソフトの中には無料で配信されているものもあります。まずはこちらを利用してみましょう。そうすればすぐにファイルを取り戻せるかもしれません。ただ自分ではできる範囲は限られているので、データ復元をしてくれる業者へ依頼することが確実です。

バックアップをチェックする


パソコンを使う際の注意点としてバックアップの重要性が語られることは多いです。特に仕事で使っているパソコンについては、大切なファイルがたくさん保存されています。それが万が一消えてしまうとかなりの影響が出てしまいます。そのため、バックアップの習慣をつけることを義務付けられている方もいるでしょう。
もし大切なファイルを削除してしまったならば、バックアップがないのか確認してみましょう。自分では記憶になかったとしても、実はバックアップを取っていたというケースがあるものです。過去に保存したファイルの場合は、バックアップが残っていることがあるかよく確認します。自分でバックアップを取ったことを忘れているというケースもあるのです。たとえばUSBメモリに保存していないか、CDRやインターネットのストレージに保存されていないのかもチェックしてみましょう。
自動的にファイルのバックアップを取れるように設定している方もいるでしょう。たとえば、外付けハードディスクにデータが定期的にバックアップされるような環境を整えている方は多いです。バックアップの有無をまずはチェックしてみるべきでしょう。また、自分以外の方もそのパソコンやファイルを利用していたならば、その人がバックアップを取っている可能性もあるかもしれません。どこかにファイルが残っている可能性がないのか検討してみると良いでしょう。バックアップが見つかったならば、それを利用すれば良いのです。バックアップはきちんと行う習慣をつくるべきでしょう。そうすれば万が一のときに慌てなくて済みます。

業者に頼むことも手段のひとつです


もし大切なパソコンのファイルを削除しまったならば、最終手段として業者に頼るという方法があります。データ復旧のサービスを提供している業者はたくさんあるのです。そちらを利用することによって、消してしまったものを復元できる可能性があります。復元ソフトを利用しても復活させることができないケースがあります。このような場合でもプロの業者であればしっかりとファイルを復活させてくれることが多いです。もちろん、絶対に確実に復旧に成功するというわけではありません。諦めなければいけないこともあるため、その点は覚悟しておきましょう。それでもプロであれば技術力があり、専用のソフトを用意しているのでできる限りの努力をしてくれます。
業者はたくさんあります。その中から成功率の高そうなところを探して頼みます。そして、これまでに復旧修理をした実績がどの程度あるのか調べてみましょう。実績が豊富なところであれば信頼できます。また、費用についても確認しておきましょう。作業費用だけではなくて、場合によってはパーツ代もかかってしまうことがあるため、あらかじめ注意しておきましょう。
実際に業者に頼む場合は、まず原因追究をすることになります。そこで症状を確認してもらいます。さらに動作不良確認をしてもらい、必要があればファイルの移行をします。最終的にはしっかりと復旧をしてくれるでしょう。
作業の際には万全のセキュリティ体制で進めていきます。そのため大切なファイルが流出してしまうようなことはありません。この点については安心できます。業者間で技術レベルにはばらつきがあるため、高いレベルの技術を持つ業者に依頼しましょう。

データ復旧だけじゃないデータ消去サービス | パソコン修理・データ復旧なら無料見積りの【リペアマスター】