パソコンの修理にかかる期間と修理先の選び方

パソコン修理・データ復旧のリペアマスター > パソコン修理・データ復旧のコラム > パソコンの修理にかかる期間と修理先の選び方

パソコンの修理にかかる期間と修理先の選び方

パソコンは必需品



今では生活の中でもビジネスの中でもパソコンは無くてはならないものです。特に仕事はパソコンさえあれば、職場にいなくても離れたところからでも仕事の連絡が取り合えたり、資料の作成ができたりと業務を進めることができます。営業職の人やフレキシブルな仕事をする人にとっては仕事の窓口となる大事なツールであり、なくなると業務にも影響が出てくるものです。

このような必需品ともいえるパソコンですが、ノートタイプのものだと突然動きが鈍くなってしまったり、全く動かなくなったりして故障をしてしまうということも少なくありません。どうしてもノートタイプだと負荷がかかりやすいですし、本体内部の温度が上がりやすくなるので、突然の故障というのが起きやすくなるのです。もしも動きが悪くなったりおかしいなと感じたら、早いうちであれば修理をすることができたり、中に残っているデータを取り出せたりします。しかし、中にはそのような状態になっても大丈夫だろうと使い続けてしまい、どうにもならない状態になってしまうという人も少なくありません。

完全に故障してからであれば、修理にかかる期間は相当なものになってしまいます。原因を追及するのにも時間がかかりますし、さらには対処しても動かないままになってしまうという可能性もあります。そこで少しでも異変を感じたら早めに相談をして対策をとることが重要です。

しかし、どうしてもこのような不調があるときに行動が遅くなる理由として、仕事が進められないということだけでなく、修理にかかる期間に不安があるという人が多いためです。パーツの交換や診断といった作業をするとなると、時間がかかると考えて足が重くなってしまうのです。しかし、最近では技術もどんどん進化しており、昔よりは短い時間で治すことができるようになっています。



専門業者に持ち込む



従来では、メーカーの修理に出すと、どうしても郵送をしてテクニカルセンターに運ばれて作業をするという流れとなってしまうため早くても一週間、長くなると一カ月ほど手放す期間が必要でした。このような期間を手放すとなるとどうしても不便が生じてしまいます。データのすべてを手元に置いておいたとしても、やはり普段とは違うものを使うのは不慣れで操作でも手間取りますし、ちょっとしたストレスも溜まってくるものです。

しかし、最近ではパソコンのメーカーでの修理だけでなく、スピード修理を担当してくれる業者が出てきています。このような業者を利用すると不具合の内容によってかかる時間は違うものの、最短では30分ほどで修理をしてもらえる場合もあります。この程度の時間であれば仕事の合間や休日を利用して内部を調べて作業をしてもらうことができとても便利です。

また、このような業者はただ不具合を治すだけではなく、必要なパーツを交換したり中のデータの復旧、またバッテリー交換やHDDやSDDの増設をしたり、ウイルス感染の診断といったものを一通り取り扱っています。そのため、あまりパソコンに詳しくない人で今よりもより動作をよくしたい、新たなものを購入せずに今あるものの機能を充実させたいといった希望の人にとっても最適な対応をしてもらうことが可能です。

もちろん状態によっては本体内部が完全に故障してしまっていたり、本体が古いものでパーツが用意できなかったりということで修理が不可能ということもあります。そのときには内部の状態がどのようになっていて作業ができないのかということをきちんと説明してもらうことができるので納得できます。



業者選びの注意点



もちろんパソコン本体の製造元以外に修理を依頼するとなれば不安になるものです。やはり業者によってその作業の内容は違いますし、トラブルや保証といったものも違います。そこで預けるにあたっては慎重になるべきです。

今現在パソコンに不具合を感じていて、これから直してほしいと思ってる場合や、困っていることがあり解決をしてほしいと思ったら、最初に問い合わせをすることから始めます。中には少しでも早く仕上がるようにと最初から持ち込んでどのくらいの期間でできるかといった具体的な話をする人もいますが、きちんと依頼先の業者の対応を見て安心して任せられるか確認をしておくほうが、結果としてトラブルを回避することになります。中にはパソコン内のデータを悪用したり個人情報を抜き取ったりして問題となっている業者もあります。そこで事前に問い合わせをしてその対応を見たり、口コミを確認したりして安心して任せられる業者であるかを確認しましょう。

問い合わせをして信頼できると判断したら、不具合の内容や症状といったものを伝えて診断と見積もりを出してもらいます。もちろん見積もりなので後から金額が変わることも少なくありません。本人が思っている状態と内部の実態とが違う状態になっていることもあるためです。しかし、見積もりの内容やその際の対応に安心して依頼できると判断すれば、持ち込みや宅配でパソコンを預けて修理を依頼します。信頼できる業者であれば、見積もりと大幅に費用が変わったり、部品の交換といったものが発生したりする場合にはその旨の連絡もありますから、後から予定と大幅に違う金額を請求されたとしてトラブルになるということもありません。


パソコン修理のリペアマスター HOME


液晶修理サービスサービスはこちら




▼リペアマスターの修理プラン一覧
https://repair-master.jp/repair-plans/
▼データ復旧サービス
https://repair-master.jp/repair-plans/data-recovery/
▼HDD、SSDの増設・交換
https://repair-master.jp/repair-plans/hd/

お客様のパソコンの状態・症状から修理料金をご案内致します。

リペアマスターでは、各社メーカー製のパソコンのご相談承っております。どんな機種でも問題ございません。
パソコン専門店ならではの技術力・専門知識を持ったスタッフが数多く在籍しております。
どんなパソコンの症状でも、過去の多くの経験に基づいた知識で、瞬時に最善の修理プランをご提案させていただきます。
お支払料金についても、ご納得のお見積もりをお出しさせていただきますのでご安心ください。
リペアマスターでは、常に「親切」「丁寧」「素早く」をモットーに対応させていただいております。
まずは、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

液晶修理 | パソコン修理・データ復旧なら無料見積りの【リペアマスター】