パソコン修理をメーカーより専門業者に依頼するメリット

パソコン修理・データ復旧のリペアマスター > パソコン修理・データ復旧のコラム > パソコン修理をメーカーより専門業者に依頼するメリット

パソコン修理をメーカーより専門業者に依頼するメリット


パソコン修理はメーカーに依頼すべき?



突然何の前触れもなく、パソコンが故障してしまったという場合、大抵はメーカーに修理依頼をしようと考えます。確かに、そのパソコンを作った販売元ですから、修理するにも最適な対応をしてもらえますし、部品なども、よほどの古い機種ではない限り揃っているので安心と考えます。しかしその一方で、販売元に修理を依頼すると、高い修理代がかかり、修理が終わるまでに長い時間がかかるというイメージが強くなるのは否めません。

販売元の場合は全国から修理依頼を受けるため、どうしても修理件数が多くなり、それほど時間がかからない簡単な修理でも、完了までに長い時間がかかってしまいがちです。どうしても依頼を受けた順に対応していくので、常に順番待ちという状態となってしまうので仕方のないところもあります。しかしすぐにパソコンを修理して欲しいという時は、余りにも長い時間がかかると困ってしまいます。安心して依頼出来るのはメリットですが、修理費用が高めなのと、パソコンが戻ってくるまでに時間がかかりすぎてしまう点はデメリットになってしまうでしょう。

こういう時はどうしたらいいのでしょうか?結論から言うと、販売元以外でも修理はできます。販売元をどこよりも信頼していて、高い費用や長い時間がかかってもかまわないという方なら、販売元に修理を依頼するのがいいでしょう。それ以外の場合は、早くて安い修理をしてくれるところに問い合わせてみることをおすすめします。メーカーの指定などはありますが、トラブルや故障に関しては幅広く対応しているため安心して任せられます。パソコンを知り尽くしたプロが修理を担当するので、大抵のトラブルや故障にもきちんと対応してくれます。



パソコン修理をメーカーに依頼するメリット・デメリット



パソコンのトラブルや故障をなんとかしたい時は、修理を専門に請け負っている業者に依頼するのも一つの方法です。販売元じゃないと不安という人は意外と多いですが、あらゆるメーカーにも対応していますし、部品なども一部は取り寄せになることはありますが、在庫があればすぐに対応してもらえるため、販売元に修理に出すよりも早く戻ってくる可能性が高いです。さらに修理で一番気になる修理代も、販売元に比べると安く済むことが多いです。

ただし販売元で保証期間が残っている場合は、無償で交換や修理をしてもらえますので、この場合は修理費用がかかりません。ただし保証内容に含まれない修理は別です。また、故障やトラブルの原因によっては、販売元に修理依頼をした方がいい場合もあります。一般的には、修理業者の方が安くて早く修理してくれるイメージですが、販売元に依頼するメリットもあるので、それを紹介します。

基本的に販売元では、修理をする際、個人情報を重視しますので、可能な限りデータには触らず修理をしてくれます。ただし修理の過程で、ハードディスクの交換が必要な場合は、ハードディスクのデータが消えてしまうので、顧客にデータの移動をどうするか確認した上で対処します。

販売元でも原因がわからない場合は、一旦リカバリをすることがあります。リカバリをすればトラブルが改善されたり、原因がはっきりしたりすることはあるものの、大切なデータも初期化されるので消えてしまいます。このため販売元では、リカバリは最終的な手段としてできるだけ避け、他の方法を探ります。



パソコン修理をメーカーではなく業者するメリット・デメリット



パソコンの保証期間が切れている場合は有料になります。トラブルや故障の原因によっては、販売元でも意外とリーズナブルに修理してもらえることもありますが、かなり修理費用がかかる場合は、修理業者に依頼した方が安く済むことも多くあります。

販売元では新商品を販売するにあたり、部品なども多く作っておきますが、生産するのは長くて5年程度です。パソコンも当たり外れはありますので、当たりの場合は故障もトラブルもなく、5年以上使えるものもあります。しかし長く使うほど、販売元では部品が生産終了となっているため対応できない、と断られる可能性があります。しかし修理業者なら部品を持っていることがあるので、こういう時は修理業者の方が柔軟に対応してくれます。

販売元では極力データをいじらず修理することを重視しますが、修理業者はデータを消さないよう注意しながら修理するなど、顧客よりの対応をしてくれる傾向があります。ここは販売元と修理業者の違いです。

修理業者でも中には、悪徳業者はいますので、いい業者の見分け方も知っておくと安心です。業者の店舗や会社の事務所がある方が、信頼度は高くなります。ネットだけで営業しているところが悪いというわけではありませんが、中にはパソコンが戻ってこないというトラブルもあるので、業者の見極めは慎重さが必要です。電話番号も携帯番号より、固定電話の方が信頼度は高くなります。

修理依頼をする時、ネット申込が可能だと便利ですが、その業者がプライバシーポリシーを掲げているかどうかも重要です。


PCの症状から修理プランを選べます


ウイルス診断・駆除サービスはこちら



▼リペアマスターの修理プラン一覧
https://repair-master.jp/repair-plans/
▼データ復旧サービス
https://repair-master.jp/repair-plans/data-recovery/
▼HDD、SSDの増設・交換
https://repair-master.jp/repair-plans/hd/

データ復旧だけじゃないデータ消去サービス | パソコン修理・データ復旧なら無料見積りの【リペアマスター】