大切なデータを保存した状態のパソコン修理に関して

パソコン修理・データ復旧のリペアマスター > パソコン修理・データ復旧のコラム > 大切なデータを保存した状態のパソコン修理に関して

大切なデータを保存した状態のパソコン修理に関して


初めてのパソコン修理に際して



多くの方々がお手持ちのパソコン修理を必要とする状況に至るまでには、ある共通した過程が確認出来るかと思われます。とりわけ購入からそれほど時間が経過していない段階で、自身であれこれチャレンジするも改善の糸口すら見出せないどころか、素人ながらに状態が更に悪化してしまっている現実をようやく受け入れ、腹を括らざるを得ない状況下での修理です。

メーカーが開設するサポートセンターとの電話での質疑応答でもラチが明かず、仕方なく最寄りのパソコン救急隊的な業者に出張して貰った結果、無情にもお預かりしての大掛かりな修理が必要と思われますの一言が届けられれば、最早万策尽きたと言わざるを得ません。更にはここに至るまでの、自身でも何を施しているのか理解できないままの自己流復旧操作が、この状況に拍車をかけてしまった事実が圧し掛かります。

ここで大切なのが、パソコン内に記録されている数々の重要なデータの処遇です。もちろん担当者は出来る限り分かりやすく、現状の説明と修理を施した結果想定されるデータ消失その他のリスクを説明してくれますが、それらの内容がどうしても理解出来ないケースも想定されます。既に正常に起動しないパソコンから、バックアップしていなかった情報を引き出す事も出来ません。

このように、初めてのパソコン修理は慣れから意識が薄らいでいたパソコンという精密機械の特性と取扱いに際して、遵守が求められる基本的な注意点の再確認を迫られる場面です。この事実を皆さんにより的確に伝えつつ、最善の処理を約束してくれる業者に大切なパソコンの今後を委ねる選択が求められます。特にメーカー保証期限を超えた時点でのトラブルに際しては、慌てず冷静な業者選択作業から対処をスタートしてください。



慣れが生むデータ管理の甘さ



仕事やプライベートを問わず、日々サクサクと手元のパソコンを操っておられる方々も、初めてこの精密機器と対峙した初心者当時にはクリック1回にも緊張感を伴い、全てに対して慎重極まりない対応を重ねておられたに違いありません。とりわけデータの消失という重大なトラブルに対処すべく、常にバックアップデータの作成から保管する必要性に関しては、今となっては律儀との表現がマッチする程、徹底されていたご記憶をお持ちでしょう。

確かに急速に普及した当時、すなわち20世紀終盤のパソコン機器は現行機種と比較して脆弱性が否めず、意味不明なフリーズからの再起動の必要、あるいは即お手上げ状態となる理解不能な作動に及ぶ比率が圧倒的に高かったのも事実でした。こうしたハード面の不安が結果、私達がより慎重にパソコンと向き合う姿勢に繋がっていたのも、今現在振り返ってようやく検証に至る結果であり事実でした。対して今日のパソコン並びに関連ソフトの性能の向上は目覚ましく、一昔前と比較して圧倒的なスピードと安定性双方を利用者である私達に届けています。

そして、同時に私達の深層心理の中にパソコンから切り離せない数々のリスクに対する警戒感を薄めてしまっているのも事実です。結果、外注修理に出せねばならない事態となり、納期面がネックである業務上深刻なデメリットが避けられない状況となれば、被る被害は表面的な数値以上となって当然です。精密機械は当然完璧とは言えず、何の非も見当たらぬ状況下でも発生するのがトラブルです。大切なのは緊急時に速やかにSOSを発信でき、迅速確実な対応を約束してくれるパソコン修理業者とのパイプに他なりません。



全てメーカー対応がベストとは限らぬ現実



手元のパソコンに自力対応困難なトラブルが生じた場合、誰もが最初に思い浮かべる対応は、メーカーのヘルプを仰ぐ選択肢に違いありません。今日流通しているパソコンの大半のメーカーは、お客様窓口を開設し、電話あるいはメールなどで届けられるエンドユーザーからの質問やSOSに対応しています。さらに当然正規のルートで新品のパソコンを購入すれば、メーカーが規定する保証期間プラス、販売店舗が独自に設定する長期間の無償保証期間が付帯するなど、有事の受け入れ態勢自体は十分以上に整っています。

ですが、どうしても叶わぬ現実として、修理期間中は手元からパソコンが無くなってしまう事実が見過ごせません。更にデータ消失あるいは修理に際してこの可能性が否めないトラブルの場合、本体が復旧したとしても、その後の業務その他に及ぶ支障は計り知れません。何よりこのデータ復旧という極めて高い専門技術を要する作業が、全てメーカーあるいは販売店の無償対応対象になるとは言えず、やはり然るべき外部の第三者専門業者の力添えが見過ごせません。

もちろんこうした深刻なトラブルは、今この瞬間も全国各地で新たに発生しており、それらに対応すべく専門業者が全力を注いでいます。パソコン修理の内容も千差万別ですが、データの保存が絡む作業は間違いなく最重要レベルに属しており、大切な機材と情報双方を一旦全て委ねる業者の選択に際しても、細心の注意が欠かせません。ですが言い換えれば、こうしたサポートを常時約束してくれる存在を確保し、日常のパソコン操作とデータ保存が乱雑にならぬように心掛ける事で、最悪の事態は十分回避が可能です。


パソコン修理のリペアマスター HOME


データ復旧サービスはこちら



▼リペアマスターの修理プラン一覧
https://repair-master.jp/repair-plans/
▼データのバックアップ
https://repair-master.jp/repair-plans/bk/
▼ウイルス診断・駆除
https://repair-master.jp/repair-plans/virus/

次の記事へ

コラム アーカイブ | パソコン修理・データ復旧なら無料見積りの【リペアマスター】