その他サービス

こんな症状ございませんか??

上記のトラブル以外にもパソコンでお困りのことはリペアマスターに何でもおっしゃってください!
「もう治らないのかも。。。」と思うような故障でも原因をしっかりと診断させて頂き、ご対応させて頂きます。
メーカーに修理を依頼すると高額になることが多々ありますが、リペアマスターはお客様に寄り添った価格帯で修理させて頂きます。

インターネットに接続ができない

インターネットの接続ができないときはある程度見るべきポイントは決まっております。
今回はそれをご紹介しますので参考になさってください。

【パソコンの再起動】
DVDドライブ交換のページでも言及しました通り、パソコンを再起動することによって多くの不具合が改善されることが確認されており、インターネット接続不具合においても例外ではありません。一時的な接触不良が原因であれば再起動することで直ります。

【LAN接続確認】
当たり前のことですが、これで解決してしまう方が多いのもまた事実です。無線であれば無線LANスイッチの確認、有線であればケーブルの接触確認。まず初めはこれらの基本的な部分を押さえることを徹底しましょう。

【モデムやルーターの電源入れ直し】
次に原因として多いのがこのモデム・ルーターの不具合です。ルーターのコンセントが抜けていたことが原因だったという方も過去に何人かいらっしゃったくらいです。先ほどと同じ理論ではありますが、モデムおよびルーターの再起動を試みましょう。

【セキュリティソフトの一時無効化】
セキュリティソフトには「ファイヤーウォール」と呼ばれるインターネット上の通信監視機能がついておりこの機能が接続の妨げになっていることがあります。設定から一度無効にしてみましょう。

【契約業者に連絡する】
それでもだめなら契約しているインターネット接続業者に直接お問い合わせしてみてください。

キーボードが反応しない

キーボードが突然反応しなくなったときもさまざまな原因が考えられます。

【帯電している】
パソコンはその性質上非常に磁気を帯びやすく、内部の回路や部品で帯電が発生することがありますが、こうなると周辺機器が認識されなくなることがあるのです。この場合、まずは電源を一度落とし、コンセントも抜き、バッテリーを外します。そして数分後再び取り付けを行い、動作の確認を行ってください。この「放電」作業によって解決することが多くあります。

【ケーブル接触不良】
キーボードと本体をつなぐUSBケーブルの接触不良がないか確認します。どうしてもこのような初歩的な部分は見落としがちなのですが忘れずに徹底します。

【日本語入力の設定不具合】
日本語入力システムに異常をきたしている場合、キーボード自体反応しなくなることがあります。他の言語システムに変えてみたりして一度確認してみましょう。

それでも直らない場合はご相談だけでも構いません。当店に一度ご連絡ください。

DVDドライブが開かない

DVDドライブが開かなくなってお困りな方もいらっしゃると思うので、対処法をお伝えいたします。まずは冷静にこちらを試してみてください。


【アプリケーションの終了】
現状でCDあるいはDVDの読み込みや書き込みを行っているアプリケーションを終了してください。これらの動作が現在進行形で行われている間は、光学ドライブが自動的にロックされてしまうのです。

【パソコンの再起動】
次にパソコンの再起動をしたのちもう一度取り出し操作を試みてください。光学ドライブにかかわらず、さまざまなトラブルや不具合の解決に有効なのがこの再起動です。非常に基本的なことですが、ご存じなかった方はこの機会に覚えておくと便利です。

【強制イジェクト】
再起動をしても開かなければ、次は光学ドライブの取り出しボタン近くの小さな穴にある「強制イジェクトボタン」をクリップや細い針金で押してみましょう。少し強引なやり方ではあるので強く推奨はできませんが、こうすることでドライブが開きます。

以上の対処を施したにもかかわらずまだ開かないとなれば、ご自身で開くことはあきらめてください。私たちリペアマスターが責任をもって光学ドライブを救い出しますので今すぐご連絡ください。

パソコンが起動しない

このケースで多いのが電源ボタンを押してもBIOSが起動せず、画面が真っ暗のままという状態です。BIOSはパソコンのシステムにおける土台といったも過言ではないため、この場合は電源が入っているにもかかわらずパソコン自体が動作できないという状態であるため、本体が起動するように修理していきます。 故障箇所として考えられるのは基盤部分、すなわちマザーボードです。あるいはグラフィックボードの故障も原因の一つとして考えられます。
現状の修理・修復で対応可能かまたは交換で対応することになるかは、実際の症状を見てからの判断になります。

ファンの音が大きくて困る

ファンの音が大きい原因もある程度絞ることが出来ます。

【熱を持っている】
そもそもファンは冷却装置であり、そのファンが激しく動いているということはパソコンが熱くなっているということになります。現状のパソコン使用環境における温度が高いのかもしれません。

【内部の埃や汚れ】
ファンの周辺に埃や汚れが蓄積することにより、冷却効率は下がり、その分パソコンが熱を持つためさらなるファンの高回転を誘発することで大きな音につながるのです。内部の掃除を検討しましょう。

【ファン自体の故障】
「ブーン」といったモーターが回転しているような音ではなく、「カラカラ」といった何かに引っかかっているかのような異音が聞こえてきたらファンそのものの不具合の疑いが濃厚です。交換も視野に入れましょう。

【HDDトラブル】
ハードディスクに故障があったり、容量が残りわずかである場合は各処理スピードにも影響をきたし、必死になって動かそうとするので音がうるさくなってしまいます。

液晶が変な色で表示される

液晶に見慣れない色の縦縞などが表示されてしまったらとんでもない故障をしてしまったと考えてしまいますが、焦らないでください。

これは液晶自体の問題や接触トラブルのように考えがちですが、実際はグラフィックボードの不調や故障によるものが多いです。普段何気なくパソコンの電源を入れて画面が表示されているのは、グラフィックボードやマザーボード上のグラフィックチップが画面に映し出す機能を担っているためです。
したがってこれらの箇所に故障や不調が発生すると縦線や縞模様のような画面表示異常が起こるのです。

このような症状に見舞われた場合は冷静になってまずは当店にご相談ください。症状をお聞きし、見させていただいてからグラフィックボードの交換などの対処方法を決定・ご提案させていただきます。

お客様のパソコンの状態・症状から修理料金をご案内致します。

リペアマスターでは、各社メーカー製のパソコンのご相談承っております。どんな機種でも問題ございません。
パソコン専門店ならではの技術力・専門知識を持ったスタッフが数多く在籍しております。
どんなパソコンの症状でも、過去の多くの経験に基づいた知識で、瞬時に最善の修理プランをご提案させていただきます。
お支払料金についても、ご納得のお見積もりをお出しさせていただきますのでご安心ください。
リペアマスターでは、常に「親切」「丁寧」「素早く」をモットーに対応させていただいております。
まずは、ぜひ一度お気軽にご相談ください。